2017年06月27日

LINE CREATORS STUDIOの魅力。

セレッソファンのみなさんも

サポーター仲間や友達と

LINEでメッセージのやりとり

している方が多いと思います

そこで結構活用されているのが

LINEスタンプではないでしょうか




蹴球堂でもこれまでに



をリリースしてきましたが

これはデザイナーの"たまやん"さんと

一緒に作ってきたもので

正にプロの技というものでしたが

今回、

LINE CREATORS STUDIO

というiPhoneアプリを利用して

こんなものを作ってしまいました


このLINE CREATORS STUDIO 

iPhoneに保存されている画像から

簡単にスタンプを作成して

LINEスタンプマーケットに掲載できる

そんなアプリになっています



今回、かなり雑に作ってみたが

それでも審査は一応通ります(笑)

しかしながら一回目は

まさかのリジェクトをされました

その理由がこれ

27BFA351-B9B0-4295-B8C4-6C0D6A81D537.png

東京スカイツリーが入ると

著作建造物の問題があるのね

こういう感じのスタンプは

100%通らないようですね



とは言いながらも

サクッと作れて

サクッとアップ出来る

それがこのアプリの魅力かも

みなさんもLINEスタンプを

作ってみてはいかがでしょう

洒落で作って、売れてしまうと・・・

正直ハズイけどね(笑)

NEVER STOP,NEVER GIVE UP
posted by iba-dobro at 07:32 | Comment(0) | ITのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第16節 ベガルタ仙台戦。

2003年以来勝ってなかったとか

全然意識がなかったですが

そう言われてみればしばらく

勝ったところを見たことない

そんなベガルタ仙台戦でした

あ、かなり昔のことになるが

初めてベガルタ仙台戦

平日に行ったの思い出しました

確かセレッソサポーター2人でした



序盤からゲームを支配されたが

コメントなどを見ていたら

想定通りっぽいなという感じ

そんな中でも結果を出せるのが

チームとしての調子の良さか



2失点は本当に崩されているし

無茶苦茶気にはなるのだが

4得点のほうはスーパーなもの

全てのゴールが素晴らしすぎた

軒並み今週のベストゴールの筈



それにしてもこの日は

クルクルの大量発生だった

クルクルはまだ許せるのだが

ネットワークの問題と言われると

ちょっと、な感じですわね

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

12A41FA2-7E83-454A-AE1D-E0611FAE9438.jpg
posted by iba-dobro at 05:53 | Comment(0) | セレッソ大阪のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

「たこやきは芸術である」。

「たこやきは芸術である」

とあの御方はおっしゃいました

僕もそう思います、本当に



大阪に行ったらたこやき食べる

完全なる球体の美しさに酔いしれ、

焼けていく音の耳触りに照れ、

甘酸っぱいソースの香りを吸い込み、

噛んだ瞬間の歯ごたえに震え、

そして最高の味に舌鼓を打つ

まさに殆どの方が考えることだが

大阪の文化はそれくらい

たこやきとともにあると言っても

決して過言では無いのだろう



先日、

部屋の粗大ゴミを整理したが

たこやき器

いや正確にはたこやき焼き器

それだけはどうしても捨てられない

大阪人は一家に一台のたこやき焼き器

やはり僕には

This is Osaka a piritsが残ってました

あ、Takoyaki Spiritsか



たこやきとサッカー

たこやきとセレッソ大阪

たこやきのある大阪の素晴らしさ

あのかぐわしい丸い食べ物に

心の底から惹かれながら

この週末を待ち焦がれたい

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

EFF44D7D-9705-4508-907E-DFDC415B7644.jpg

大阪たこやきTシャツ蹴球堂で販売中

実はサッカーボールと桜も入っている
posted by iba-dobro at 06:47 | Comment(0) | グルメのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

12番目の戦士たちの居場所。

セレッソの記事を探していたら

スポンサーさまであらせられる

RED BULLさんのWebサイトに

セレッソ大阪サポーター

についての記事があって

色々と議論されていた


かなり前の記事なのかな

見逃してた感がある



そしてこの記事に対して

更に探してみたところ

昔にも多くあったようなフレーズ

12番目の戦士の居場所は

果たしてゴール裏だけなのかと

そのような話題も多数あった



いつも、

サポーターとファンとの違いやら

ゴール裏の意味付けなど

サポーターにおける議論が

巷では盛んに行なわれており、

ゴール裏問題は正にクラブの

通過儀礼みたくなっているが、

1994年の初めての応援から

メインスタンドを経験したり

バックスタンドを経験したり

そしてサポーターはゴール裏へ

徐々に移動していったりした

そんな歴史もあるからね

時には長居スタジアムの

屋根下に陣取った時もあったし



それはひとえに

スタジアムの何処にいたとしても

自分自身が"12番目の戦士"である

そう自負出来るのであれば

場所なんてどうだっていいのでは

なんて事を思ってしまう

コロコロ変わり身が早いのも

大阪人としての気質だろうし

それもひとつの強みになれば

それはそれで有りなのかも

心の中に"12番目の戦士"としての

揺るがない誇りがある限り

居場所などという概念は

特に必要無いのだろうね、多分

NEVER STOP,NEVER GIVE UP
posted by iba-dobro at 08:06 | Comment(0) | サポーターのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

第15節 清水エスパルス戦。

いや何度となく「健勇!」と

叫び声をあげてしまいましたわ

かなりモヤモヤした試合は

ソウザ不在の問題もあるのだが

特に後半にPKだけというのは

大きな課題かなと感じました



こんな試合もあると思うし

清武選手も言っていたが、

このような展開の試合で

勝ち点3を取るかどうかに

強さというものは表れる



そういやスタジアムでは

「何が何でも勝ち点3取れ」

チャントは流れてたんすかね

タイミングには、よるけども

僕、あれ好きなんですけどね

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

20397470-DAC0-4BC5-B0B6-8AC2FF2761B8.jpg
posted by iba-dobro at 07:49 | Comment(0) | セレッソ大阪のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
蹴球堂Facebookページにいいね!をよろしくお願いします。
        ↓↓↓↓↓