2017年06月23日

「たこやきは芸術である」。

「たこやきは芸術である」

とあの御方はおっしゃいました

僕もそう思います、本当に



大阪に行ったらたこやき食べる

完全なる球体の美しさに酔いしれ、

焼けていく音の耳触りに照れ、

甘酸っぱいソースの香りを吸い込み、

噛んだ瞬間の歯ごたえに震え、

そして最高の味に舌鼓を打つ

まさに殆どの方が考えることだが

大阪の文化はそれくらい

たこやきとともにあると言っても

決して過言では無いのだろう



先日、

部屋の粗大ゴミを整理したが

たこやき器

いや正確にはたこやき焼き器

それだけはどうしても捨てられない

大阪人は一家に一台のたこやき焼き器

やはり僕には

This is Osaka a piritsが残ってました

あ、Takoyaki Spiritsか



たこやきとサッカー

たこやきとセレッソ大阪

たこやきのある大阪の素晴らしさ

あのかぐわしい丸い食べ物に

心の底から惹かれながら

この週末を待ち焦がれたい

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

EFF44D7D-9705-4508-907E-DFDC415B7644.jpg

大阪たこやきTシャツ蹴球堂で販売中

実はサッカーボールと桜も入っている
posted by iba-dobro at 06:47 | Comment(0) | グルメのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
蹴球堂Facebookページにいいね!をよろしくお願いします。
        ↓↓↓↓↓