2017年08月22日

第23節 ジュビロ磐田戦。

磐田のペースだった時間に決めた

杉本健勇選手のゴラッソは

超絶素晴らしかったと思うけど

結果的にはドローということで

中々厳しい試合だったなと感じる



同点ゴールを決められたシーンより

その直前の中村俊輔選手の無回転

ふたりとも相当走ってはいたけど

もう少しボランチの寄せが欲しかった

モニタ越しにはそんな気がしました

それを凌駕する無回転でしたがね



それにしても敵ながらですが

中村俊輔選手の運動量が素晴らしい

年齢を重ねるにつれて経験が活きる

無駄な走りが殆ど無いんじゃないか

そんな感じに見えていました

とは言いながら

危険を察知してゴール前まで戻ったり

疲れの来る終盤に無回転蹴れるとか

年齢的なものを感じないですね



勝ち点3を落としたとは思わない

監督もコメントで言っているが

もう少し先に未来はありそうだ

ひとつずつ積み重ねていくことで

見えてくるものがあると信じている

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

92845F4C-3C1E-48B0-9929-4495136591BF.jpg
posted by iba-dobro at 07:48 | Comment(0) | セレッソ大阪のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
蹴球堂Facebookページにいいね!をよろしくお願いします。
        ↓↓↓↓↓