2017年10月03日

第28節 川崎フロンターレ戦。

紛れもなく、正に完敗の一言

球際、スピード、チームビルド

全ての面において差があった

仕方ないと言うと語弊があるが

それくらい川崎の勢いは圧巻だった



その川崎のリズムってやつに

まんまと乗せられた感もある

そのリズムは決して悪くなかった

点差ほどの差があったとは

思えない自分がここにはいます



もう一度トレーニングから

前線からの全体の守備意識

ボール保持者へのアプローチ

明日の大阪ダービーマッチで

思い出してほしいなと思います

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

E61F4CBA-E0B5-45C8-8170-BBA51CB8AB62.jpg

それにしても等々力陸上競技場の

アウェイ側2階はかなりの劣悪環境
posted by iba-dobro at 07:51 | Comment(0) | セレッソ大阪のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
蹴球堂Facebookページにいいね!をよろしくお願いします。
        ↓↓↓↓↓