2017年07月18日

セビージャFC戦。

清武選手のいないセレッソ大阪と

来日間もないセビージャFCの試合

全てのスケールの違いを感じました

エンゾンジのような動き方は

日本の選手にはあまりないので

捕まえるのが全く出来なかったね

とは言え良い経験になったと言いたい

たった一試合の親善試合だけど

真剣じゃない訳では無いですねお互い

チームの中でも競争せにゃならんし

それは両クラブの選手とも同じだと

その思いを僕らサポーターは見ている

そして選手達は感じてくれている

やった気になんて決してならない

だって彼等は私達そのものなんだから

心に残る実況伝説(4:44からの言葉)


NEVER STOP,NEVER GIVE UP

078C20ED-1C8F-4617-A816-6870E95287BC.jpg
posted by iba-dobro at 07:45 | Comment(0) | サポーターのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

12番目の戦士たちの居場所。

セレッソの記事を探していたら

スポンサーさまであらせられる

RED BULLさんのWebサイトに

セレッソ大阪サポーター

についての記事があって

色々と議論されていた


かなり前の記事なのかな

見逃してた感がある



そしてこの記事に対して

更に探してみたところ

昔にも多くあったようなフレーズ

12番目の戦士の居場所は

果たしてゴール裏だけなのかと

そのような話題も多数あった



いつも、

サポーターとファンとの違いやら

ゴール裏の意味付けなど

サポーターにおける議論が

巷では盛んに行なわれており、

ゴール裏問題は正にクラブの

通過儀礼みたくなっているが、

1994年の初めての応援から

メインスタンドを経験したり

バックスタンドを経験したり

そしてサポーターはゴール裏へ

徐々に移動していったりした

そんな歴史もあるからね

時には長居スタジアムの

屋根下に陣取った時もあったし



それはひとえに

スタジアムの何処にいたとしても

自分自身が"12番目の戦士"である

そう自負出来るのであれば

場所なんてどうだっていいのでは

なんて事を思ってしまう

コロコロ変わり身が早いのも

大阪人としての気質だろうし

それもひとつの強みになれば

それはそれで有りなのかも

心の中に"12番目の戦士"としての

揺るがない誇りがある限り

居場所などという概念は

特に必要無いのだろうね、多分

NEVER STOP,NEVER GIVE UP
posted by iba-dobro at 08:06 | Comment(0) | サポーターのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

選手とサポーターの距離感。

僕らにプロ選手の経験が無いように

選手もサポーターになる機会は少ない

そう考えると

交わることすらが奇跡で

分かり合えることすらが奇跡だ



そんなことを思考しながら

山田大記選手のブログを読んだ


選手とサポーターの距離感を

選手側の立場から

様々な形で表現してくれている

なんだか親近感が芽生えた

近すぎてもいけないし

離れすぎてもいけない

手を伸ばせば届きそうだが

果てしなく遠い気もする

選手とサポーターの距離感は

どう表現すればいいのだろう



長年やってきていても

なかなか辿り着けない

まだまだ未熟だと言うことですね

でも未熟だからこそ未来もある

選手とサポーターの距離感

そのサポーター側を伝えられる

そんな存在になれたらと思う

NEVER STOP,NEVER GIVE UP
posted by iba-dobro at 00:00 | Comment(0) | サポーターのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

感動の言葉。

造られた感動の言葉よりも

自然に出てくる素の言葉が

僕はとても大好きなのだけど

意識してしまうと出ないし

無意識だと憶えていない

そんな葛藤の日々を過ごしている



他クラブの事ではあるのだが

こんなニュースを見つけた

アルビレックス新潟・呂比須監督、会場入りするバスの車内で選手に「ヘッドフォンを取ってサポーターのチャントを聞こう」 :


呂比須監督だから言えるのか

それとも当たり前の台詞なのか

それは分からないにしても

選手が何故そこに存在するのか

正にそれを具現化している言葉

朝からこの記事を読んで

素直に感動している自分がいる



サポーターは決して偉くもないし

自分らの歌を聴けとも言う事もない

そういうものは

全て信頼関係から来るのだと

皆分かってはいるのだが難しい

でもこのような監督の言葉で

救われる気持ちが多分にある



スタジアムや練習場その他にも

感動の言葉は何処にでもある

これからも聴くであろう

多くの感動の言葉とともに

前に進んでいきたいと思う

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

9B2EF54A-8FA5-4028-B19B-F2779BC7E572.jpg
posted by iba-dobro at 07:39 | Comment(0) | サポーターのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

ひとり思う。

選手をクラブが育てる

クラブをサポーターが育てる

ではサポーターは

一体誰が育てていくのか

20年以上やってきて痛感する



綺麗なコレオを作ろうが

格好良い応援歌を歌おうが

根本のところが一番大事と

そんなことを考えながら

この先の未来をひとり思う

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

A42EDE0F-FAE4-4FC6-ADBD-8293F59491D2.jpg
posted by iba-dobro at 20:15 | Comment(0) | サポーターのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
蹴球堂Facebookページにいいね!をよろしくお願いします。
        ↓↓↓↓↓