2016年12月17日

名古屋で見つけた(そういや来季は名古屋は)。

幕末明治好きの僕としては

名古屋という土地に

あまり関心が無いのだが、

そうは言っても

いくつかのポイントは

ございます訳で・・・



先日名古屋に行った際

訪問先まで歩いていたら

とある神社を見つけた

その鳥居のそばには

なんと乃木希典大将が

いるではありませんか

8666654D-D041-4BF3-A236-65A35890A029.jpg

名古屋と乃木希典大将

明治初期の少佐時代に

名古屋鎮台に赴任して

名古屋城内にも

「乃木倉庫」なるものもあるし

関わりが非常に多い



そんな乃木希典大将の像に

萌えてしまっている僕を見て

多少引いている感が周りから

しかしそんな事もお構いなく

歴史を追い求めて行く

これが研究家としての

プライドなのかもしれません(笑)



引き続き、探求の旅は

誰にも気づかれないまま

個人的欲求を満たしていく

趣味とはこういうものなのだ

仲間など募集もしません(笑)



蛇足だが

来季は

名古屋は

アウェイじゃない・・・

残念やな

あの伝説の

山ちゃんでの

手羽先50人前

計250本が懐い

NEVER STOP,NEVER GIVE UP
posted by iba-dobro at 22:40 | Comment(0) | 歴史のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

伝統文化。

午前中に移動して

諏訪湖の付近で仕事して

長野県松本市にいます



いやー途轍もなく寒い

昨日とうって変わって

寒さに身悶える状況

暑いのは駄目だけど

寒いのはもっと駄目

なんとか生きているけど

このままだとヤバい



それでもホテルに着いて

Macを開けるとどうしても

仕事モードに戻ってしまう

寒さが吹っ飛んでいく

ホテルのエアコンって

とても素晴らしいなと気付く

どこでも仕事出来る環境

これがノマド効果



しかしながら

暑い寒いの四季の寒暖があるから

日本らしさがあると

これが日本の伝統文化か

日本だけのものなのか

大事にしていくことも

ひとつの選択肢なんでしょうね



今、御柱祭の真っ只中なの?

信州諏訪 御柱祭 平成二十八甲年「諏訪大社式年造営御柱大祭」

7年で廻ってくると聴いて

さぞテンションが上がる

諏訪大社さんに詣りました

15381E9A-B079-46E9-9EFF-A7C4F77C8A81.jpg
FA4784B4-1816-4FE1-AACD-CE79E66DF822.jpg
8A747003-5DAA-4FC2-B05A-C7138A7618B4.jpg
D8B67548-B76E-47DE-A362-62B66F55C876.jpg

ちょっとだけ元気貰った

やはり日本の伝統文化は

大事にすべきですよね

セレッソという文化も

長く長く続けていくことで

伝統文化になっていく

つくづくそう思いますね

NEVER STOP,NEVER GIVE UP


御柱祭ガイドブック -
御柱祭ガイドブック -
posted by iba-dobro at 23:25 | Comment(0) | 歴史のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

古き良きものにノスタルジー。

昔から収集癖はあるのに

飽きるとポイとしてしまう

年を重ねても重ねても

性格というものは変わりませんね



とは言いながら最近は

あまりものを買うということも

段々と無くなってきて

物欲というかそういうものが

減ってきているのも事実

古き良きセレッソに何故か

ノスタルジーを感じるこの頃

耄碌してきたかもしれない



昔集めていたサッカーマガジン

大阪から引っ越したタイミングで

全て処分をしたのだけど

セレッソ関連の記事だけを

クリッピングしておいた

先日まとめていた記事を

たまたま見る機会があった



はじめに目に入ってきたのが

西澤明訓の特集記事だった

4DFB95A3-6E7E-4E90-9EFF-9A13B881CA7A.jpg

1998年くらいのものだが

当時は確かに簡単な沢だった

代表から離脱を余儀なくされ

岡田さんを恨んだもんです(笑)

あれから本当にアキは成長

最後は鬼神の如く闘っていた

そんなことを思い出した



代理人となった今

その能力なども巷では問われ

どのような状況なのかも

あまり分からないのではあるが

やっぱり彼もセレッソファミリア

そう懐かしみながら箱を閉じた



この20数年間の思い出は

大事な宝物なんでしょうね

僕にとっては本当に

NEVER STOP,NEVER GIVE UP
posted by iba-dobro at 00:07 | Comment(0) | 歴史のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

土佐の幕末。

今日は

少しサッカーとは離れますが

どうぞお付き合いを・・・



実のところ

幕末研究家になりたいのですよね

以前は雑誌「歴史人」でも

ブログを書いていました・・・



今でも

色々と勉強をしておりますが

まだまだ知識は不足しています

突っ込みどころもあろうかと

どうぞよろしくお願い致します



先日高知に行ってきました

幕末好きのイバとしては

やはり土佐藩は大好物なんで

様々なところに顔を出してきた

今日はその紹介をと思います

D5484E19-1FDA-4DAF-8F9D-1EE7387D9C22.jpg

高知城と板垣退助

自由民権運動で有名な板垣

戊辰戦争でも活躍しましたね

E875A9B7-B853-4195-BE8E-FE752A2C337A.jpg

その板垣退助の生誕地

墓は東京の品川神社にある

結構な階段を登らされます



28C66BCE-4523-458F-94DE-0D7615704B3D.jpg

後藤象二郎生誕地

大政奉還にも

大いに影響のあった後藤

海援隊の支援でも有名



9CD96B2C-1B4D-4D58-8877-7A6616A9BF35.jpg

武市半平太(瑞山)殉節の地

土佐勤王党を立ち上げた

土佐尊王攘夷派の筆頭

最期はこの地で自刃して果てた



C6DE7127-7908-4DE3-8A6D-1BEA7546212F.jpg

そして坂本龍馬

尊敬する幕末の英雄ですが

ここがお目当でもあったのです

様々な偉業を行なった龍馬

その行動力を手本にしたいです

4787D3AA-84BA-4154-B6B8-A2B74401E6DA.jpg

しかしながら

潜伏先の京都近江屋で襲われ

非業の最期を迎える訳です

こんな感じで座敷に座って

最期を迎えたのでしょうね

※複製された部屋があった



温故知新では無いですが

日本の幕末の歴史から

得る事も多くあると思っています

是非興味を持っていただけると

幸いでございます

まあ趣味のレベルですが

語れと言われたら結構語ります

どうぞよろしくお願い致します



そう言えば

高知にもJリーグクラブが

誕生するんやろうか・・・

NEVER STOP,NEVER GIVE UP
posted by iba-dobro at 22:49 | Comment(0) | 歴史のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

書くというチカラ。

水曜日の岡山戦で

ミスから始まったうえに

ジンヒョンが鎖骨骨折

三カ月くらいは厳しい

でも丹野も武田もいるし

総力で乗り切れると思う



少し前の話ではあるが

今NHK大河ドラマで放映中

「花燃ゆ」

に纏わる展示を観に行ってきた

45544582-6015-409E-A489-696B75AD1514.jpg

幕末好きの僕はヨダレ出る

特に見たかったのが

久坂玄瑞が妻に送った手紙

読んでいて心が揺さぶられた

4時間くらいゆっくり回って

じっくりと鑑賞してしまった

最近はあまり書いてないけど

手紙というものは

貰う側も送る側も気持ち入る

そんな気がする



ジンヒョンに向けて

様々なファンの寄せ書きが

届いているのではないだろうか

また明日の試合では

横断幕も掲げられると思う

幕にせよ寄せ書きにせよ

書くというパワーが伝わる

文字にはそういう力があると

僕は思っています

NEVER STOP,NEVER GIVE UP
posted by iba-dobro at 21:55 | Comment(0) | 歴史のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
蹴球堂Facebookページにいいね!をよろしくお願いします。
        ↓↓↓↓↓