2017年05月16日

「また見に来たい」と思う瞬間とは。

広島戦はまだ見切れていない

前半10分程度なので

早々にフルタイムで確認したい

5得点もそうだが2失点も

でも空気があの頃に似てきたか



という訳で飛田給に行っていた

青赤さんと黄色さんの試合を

見に行った訳ではなくて

セレッソ大阪堺レディースの

スフィーダ世田谷とのアウェイ

B84975CF-335A-4ADD-9E3D-47A232C8FBA6.jpg

東京に居ながらにして

セレッソを感じられること

多くなってきたなと実感

試合内容も良かったので

大変満足しています、はい

眠気には勝てませんが(笑)

ここまで来た甲斐があった



それ以上に感激したのが

試合終了後に

スタジアムを後にしようと

観客席から降りたところ

スフィーダの選手の皆さんが

ファンが帰る通路に立っている

試合終えたばかりの選手も

ユニフォームのまま立っている

そしてセレッソっぽい服装なのに

「ありがとうございました!」

と笑顔で挨拶をしてくれるので

オッチャンとても清々しい気持ちで

帰ることが出来ましたわ

また見に来たいなと思うのは

こういう瞬間があるからかもね

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

635A03ED-80AE-4E75-AD7B-5A9B53C2A0DA.jpg
posted by iba-dobro at 23:31 | Comment(0) | FOOTBALLのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

奇跡は「起こる」のではなく「起こせる」ので。

時折

物凄いものを見るには見るが

いやマジでびっくりしました

こんな事が本当にあるんですね

という出来事がこの試合です



サッカーは怖いなというのと、

「奇跡は起こる」んじゃなくて

「奇跡は起こせる」んだなと

改めて感じる試合でしたわ

部外者でも正直震えるレベル



窮地に立たされたとしても、

決して諦めたりせず、

奇跡は起こせると強く念じ、

そして前だけを見つめて走る

・・・

僕に全く無いものですねえ(笑)

もうちょっと真面目に

頑張ってみたいと思います、はい

NEVER STOP,NEVER GIVE UP
posted by iba-dobro at 07:27 | Comment(0) | FOOTBALLのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

エンブレム。

エンブレムはチームの顔

セレッソ大阪の場合は

水都大阪の川

大阪市の花である桜

そしてキャラクターである狼



形は多少変わろうとも

御一新してしまうことは

チームが変わってしまう時

そんな気がしていたが

イタリアの名門クラブ

ユヴェントスのエンブレムが

来年から変わる模様である


あのいつもの縦縞の

あの楕円のエンブレムから

かなりなくらいシンプルな印象

良いか悪いかは分からないが

随分思い切ったなと感じてしまう



これがもし

セレッソ大阪で起きたならば

僕らは一体どのような

感情になってしまうのか

想像が全くもって出来ない



とは言いながらも

最後のセンテンスに書かれている

ユベントスはサッカークラブですが、それだけではありません。ユベントスを応援するというよりは、むしろ『ユヴェントスを生きる』と表現する方がふさわしい

共感してしまう自分もいる

「セレッソを生きる」と

言い切れるのだろうかとか

考えさせられてしまうが、

皆さんはどう感じるだろうか


ちなみに

蹴球堂のエンブレムは・・・

蹴ってるそのままですね(笑)

まさに「サッカーを生きる」か

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

6026546C-B328-474B-ACA5-65342D048E2F.jpg
posted by iba-dobro at 01:22 | Comment(0) | FOOTBALLのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

胸スポンサー。

欧州のフットボールクラブ

その胸スポンサーの一覧が

いつも見ているサイトで

まとめられていたので


特にイングランドプレミアリーグ

様々なスポンサーがいらっしゃる

逆にイタリアあたりでは

胸スポンサーが無いクラブもあって

この胸スポンサーというものの

経済的効果がどの程度なのか

特に中位から下位のクラブの

情報をいつか調べてみたい



一時期

なでしこリーグのとあるクラブの

ユニフォーム広告について

相談を受けた事があるのだが

効果と値段のトレードオフで

二の足踏んでいるようじゃ

まだまだなんでしょうね(笑)

精進してまいります・・・



さて、セレッソ大阪は

こんな感じになっていた

(間違っていたらごめんなさい)

1994CAPCOM Nippon Ham
1995Nippon Ham
1996Nippon Ham
1997Nippon Ham
1998Nippon Ham
1999Nippon Ham
2000Nippon Ham
2001Nippon Ham
2002Nippon Ham
2003Nippon Ham
2004Nippon Ham
2005Nippon Ham
2006YANMAR
2007YANMAR
2008YANMAR
2009YANMAR
2010YANMAR
2011YANMAR
2012YANMAR
2013YANMAR
2014YANMAR
2015YANMAR
2016YANMAR
2017 YANMAR

だからなんなんだというデータ

まあ良いんじゃないでしょうか

NEVER STOP,NEVER GIVE UP
posted by iba-dobro at 22:45 | Comment(0) | FOOTBALLのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

ワールドカップ出場枠増加に思う。

日本が初めて

ワールドカップに出場した1998年

出場国数が24から32に増加した

その際は

「枠が増えたお陰で日本は出られた」

とやっかみも少しはあったと思う



当時はどうしても仕事を外せず

フランスには行けなかったが、

あの過酷なホームアンドアウェーの

ワールドカップ予選を戦えた事は

今も自分の誇りとなっている



昨日、2026年ワールドカップより

出場国数が48になるようだ


これにより初出場国も増えて

ワールドカップがより近くなり

各国のサッカー熱も上がる可能性

そういうものも期待のひとつか

世界のサッカーが盛り上がるのは

サッカー界の誰にとっても

幸せな選択であるかどうか



過密スケジュールは確かに

選手の質を下げるだろうし

出場しない選手も増えそうな

しかしながら

未知の才能とも出会えるだろうし

一長一短はあるけれど

チャレンジしていくことなのか

2リーグ制の議論と同様だが

やってみる価値を優先するのも

ひとつの経営なんでしょうね

NEVER STOP,NEVER GIVE UP
posted by iba-dobro at 07:36 | Comment(0) | FOOTBALLのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
蹴球堂Facebookページにいいね!をよろしくお願いします。
        ↓↓↓↓↓