2017年02月11日

「愛してまーす!」の裏にある思い。

「愛してまーす!」

この言葉を聞くたびに

本当に嬉しい気分になる

棚橋弘至選手には

そういう気質があるのだろう

リングに立つ姿を見ると

いつもそう思ってしまう



ようやくと言うか

この本をオーディオブックで


何より感じるのは

心からプロレスを「愛している」

「好き」などという度合いではなく

正に「愛している」のだなと



LikeからLoveに変わるのは

どのような心境なのか

もう思い出せないのだが

僕らサポーターが

心からセレッソを「愛している」

そんな思いとシンクロしている

この本には詰まっていました



2000年代後半の両国国技館で

ファンサービスを行なう

棚橋弘至選手を見かけた

そんな写真が出てきたのだが

88855622-6CBA-4B03-BE5C-5822BEE4B241.jpg

この本を読んだ後だからか

その頃の新日本プロレス

経営的に苦しい中での

「何とかしなきゃ」という

棚橋弘至選手の気持ちが

この右手には感じてしまう



会社がおかしな方向に向いた時

「会社おかしーわ」

と思うだけで留まるのか

「自分が何とかするしかない」

と考えて行動するかで

その先の人生も変わっていく

この本からは

そんな事を教わりました

ただの「チャラ男」では無い(笑)



僕ももっと

「愛してまーす!」

と叫んでいきたいと思います

だからこれからも

新日本プロレスを棚橋弘至を

そしてセレッソ大阪を

「愛してまーす!」

NEVER STOP,NEVER GIVE UP
posted by iba-dobro at 07:21 | Comment(0) | 格闘技のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

新日本プロレスを観て「世代交代は大事」と感じた次第。

2007年に首都東京に来てみて

良かったと思うことのひとつが

正月明けの1月4日に行なわれる

新日本プロレス東京ドーム

これを観に行くというものだった

今年はアメリカに行ったので

続けていた観戦も途切れてしまった

A10EC8CE-5783-4E3E-B8B3-835E329F865C.jpg

仕方なく録画していたのを観た

世代交代の波を非常に感じたし、

新日本プロレスとしても

次のステージへの布石のような

そんなことを思いながら観ていた



世代交代と言えばセレッソも

もっと若手が出てこないと、と

昨年はU-23を観ながら思ったものだ

結局上のカテゴリーでのプレイに

絡めなかった選手の多いこと

今年こそはもっと若い力を

トップで見てみたいと思っている

特にディフェンスでの台頭を

期待していきたいがどうだろうか

NEVER STOP,NEVER GIVE UP
posted by iba-dobro at 23:24 | Comment(0) | 格闘技のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

WWEチャンネルを登録してしまった。

僕がプロレス好きなのは

このブログを

読んでくださっている方は

ご存知かとは思いますが、

その中でも特に

WWEが大好きでございます



先日、ラスベガスへ行った際

ストリップストリートに

Fight SHOPなる店があるとの事で

夜に足を延ばしてみました

6FD87F7D-33F8-45E5-A0DD-722FFFC6D360.jpg

基本的にはUFCがメインで

WWEはかなり追いやられていて

少々残念な気がしましたが、

ラスベガスまで来ても

プロレスと触れ合えるなんて

幸せだなと感じてしまいました



サッカー好きはプロレス好き

という格言もありますし、

これからもWWEと向き合い

生きていくということで

WWEチャンネルを

登録してしまったのである

月額9.99ドルなり

35C08693-20C0-4E2D-938F-E5E9179C714C.png

これからは眠れない夜が・・・

アーカイブを観る日々であろう

2001年のWCW編入の年は最高

いきなり観始めたら止まらない

プロレス最高!WWE最高!

NEVER STOP,NEVER GIVE UP
posted by iba-dobro at 21:40 | Comment(0) | 格闘技のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

温故知新。

先日少しノスタルジックな

内容を書いてしまったせいか

思い出に浸ろうとしてしまうが

昨日と同じ日はまず来ない

という言葉にもあるとおり

過去が永遠に続くなど無い

常に未来を見据えて歩いていく

そんな必要があるのかなと思う



1月4日に恒例の東京ドーム

新日本プロレスを観に行った

12D83618-CC8B-46DC-9701-A4208DE98E7B.jpg

子供の頃からプロレス好きで

弟ともプロレスごっこばかり

襖に穴を開けてしまったり

下の階の方から苦情が来たり

そんな僕は小さい頃から

新日本プロレスのファンでした



そんな新日本プロレスも

アントニオ猪木の時代

闘魂三銃士の時代

そして総合格闘技全盛など

紆余曲折しながらここまで

変革変革の連続だったかなと

僭越ながら株主でもあったので

大丈夫か?大丈夫なのか?

結構どうなっていくのかが

ファンだけに不安でした



今、オカダカズチカという

素晴らしいレスラーを中心に

新日本プロレスが次のステージへ

進んで行こうとしているのが

手に取るように分かる気がする

もう今は株主では無いけれど

これからも新日本プロレスを

応援していくことになるだろう

だからと言って先人達の功績が

色褪せるものでは無い訳だし

正に

「ふるきをたずねてあたらしきをしる」



僕たちセレッソ大阪は果たして

過去から何を学んでいるだろうか

NEVER STOP,NEVER GIVE UP
posted by iba-dobro at 22:17 | Comment(0) | 格闘技のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

「これが仕事だ」に感謝。

皆さんは

NewsPicksを利用していますか?



僕はもうニュースサイトは

NewsPicks一本になりました

またサッカー関連だけですが

ピッカーとしてコメントも

書いたりしておりますので

どうぞよろしくお願いします



そのNewsPicksで年末まで

青木真也選手の記事がありました

格闘技をご覧にならない方は

「知らないなあ」

そんな方も多いと思いますが

僕は結構好きな選手のひとりです



その記事の中で昨年末に行なわれた

桜庭和志選手との試合について


一方的に攻められて敗戦したが

桜庭選手の「これが仕事だ」

短い言葉ではあるのだけど

ひとりの働く者として

とても胸が熱くなりました



みんな誰しも何かを背負って

仕事をしていると思うし

自分の仕事に誇りが持てない

そんな方も絶対にいないはず

だからこそ桜庭選手の言葉に

本当に勇気付けられる気がする

明日からの糧になっていく

素敵な言葉を頂けたことに

感謝していきたいと思います



また次の世代の方々に対し

同じように声を掛けられるか

自分自身精進していかなければ

そんな風に考えさせられる

言葉としても受け止めました



桜庭選手も出場していた

今日の東京ドームもそうだけど

やっぱり「プロレス最高」と

声を大にして言いたいです

NEVER STOP,NEVER GIVE UP
posted by iba-dobro at 00:33 | Comment(0) | 格闘技のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
蹴球堂Facebookページにいいね!をよろしくお願いします。
        ↓↓↓↓↓