2017年04月05日

桜を好きで居続ける。

名実共に桜の季節ですわ

毎年この時期になると

桜を撮りまくっているのだが

毎年違う顔を見せてくれる

桜という花は本当に

僕らを飽きさせませんね

改めて桜を好きになっていく

そして好きで居続けていく

そう心に誓う春でもあります

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

12374202-D9F8-48FB-8D0F-F2414AA4AF80.jpg

7D66E9E7-B7B8-457A-A921-6F27709F5622.jpg

3904A087-767F-4726-8C5B-9775C56DBAA0.jpg

23D73E42-4516-4DB5-8231-60DDEA87052C.jpg
posted by iba-dobro at 20:25 | Comment(0) | 生き方のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

いつかカルチョ焼きを、ね。

心の拠り所というものは

時間とともに風化もせず

常にそこにあるものだが

しかしながら必ずしも

有限ではないものでもある



今回の話を聞いて

居ても立っても居られなくなって

合間を縫って行ってきた

多くのアミーゴが集い語らい

終日そんなタイムラインが

所狭しと画面を賑わしていた



形あるものはいつか終わりが来る

それはみんな分かっているが

しかし寂しい事にはかわりない

そんな気持ちを抑えつつ

最後のお好み焼きを頂いた



終わりあるものはまた生を得る

次はいつカルチョ焼きを

焼いてもらおうかとワクワクする

今はまあ、それで良いと思う

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

88AEF5ED-0D11-4089-A65E-105D3AFCBD1F.jpg
posted by iba-dobro at 13:11 | Comment(0) | グルメのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

第5節 横浜F・マリノス戦。

「ファーで木本」はもう代名詞か

良い時間に良い形で点が取れて

本当に良い試合でした

あともう少しゴール行けたか

は、少々贅沢ですかね・・・



それにしても今のセレッソ

技と走力が融合出来ていて

観ていて面白いなと感じる

ここから甲府、鹿島、ダービーと

続いていくのではあるのだが

良い結果をもたらせてくれる

そんな気配の方が大きい



相変わらずDAZNは止まるが

まあこれも愛嬌ということで

今日のところはそんな感じ

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

BC5379B8-BDDF-40F0-9131-A2696D622233.jpg

しかしこのアングルは良いな
posted by iba-dobro at 21:23 | Comment(0) | セレッソ大阪のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

結果としては素晴らしい。

この二試合で勝ち点6

得失点差もプラス6

結果としては素晴らしいが

かなり気になったのは

横パスを掻っ攫われるところ

タイの圧力も強かったが

この程度は剥がしてほしい



とは言いながらも

香川真司のゴール

岡崎慎司のゴール

久保裕也のゴール

流れの中でのフィニッシュ

素晴らしかったし、

山口蛍と清武弘嗣も

良いところが多くあったし、

次に繋がる

そんな試合だと思いたいです



6月13日のイラク戦

アウェイに行きたくなってきた

久々のワールドカップ予選

現実味が無い状況ですが

夢と希望は持ち続けます

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

827EBE2E-238A-4968-9AF8-BBA5E0748E20.jpg

やはり川島永嗣は流石ですね
posted by iba-dobro at 07:26 | Comment(0) | 日本代表のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

1998年10月31日。横浜フリューゲルスとセレッソ。確かに僕らはそこにいた。

横浜フリューゲルスという

クラブは確かに存在し、

Jリーグの発展にとって

素晴らしいクラブだったと

今でも僕は尊敬しています


10月29日のあの発表の後

あの10月31日の横国

とび丸と写真を撮り

署名活動に参加して

僕らのJリーグを守ろうと

必死だったことが

今も記憶に残っています

横浜フリューゲルスとセレッソは

そういう繋がりもあること

うちの若いサポーターの方にも

感じてもらえると幸いです



もちろん僕らのクラブも

この先どうなっていくか

本当に分からないし、

決して他人事などではなく

Jリーグ全体の歴史として

いつまでも覚えておきたい

そう思っています

NEVER STOP,NEVER GIVE UP
posted by iba-dobro at 13:25 | Comment(0) | Jリーグのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
蹴球堂Facebookページにいいね!をよろしくお願いします。
        ↓↓↓↓↓